チェルシーは、ウェストハムに所属するイングランド代表MFデクラン・ライスの獲得へ興味を示しているようだ。23日付けでイギリスメディア『スカイスポーツ』が報じている。


 来夏に守備的MFの補強を画策しているチェルシーは、現在21歳のライスの動向に注目している模様。同選手は今シーズン、ここまでリーグ戦29試合に出場するなどチームの主力として活躍している。また、ライスは2014年にウェストハムへ入団する前はチェルシーのアカデミーでプレーしており、現在“ブルーズ”のトップチームで活躍するMFメイソン・マウントとは親密な関係を築いていたようだ。


 現在、ウェストハムとは4年の契約を残しているというライスだが、果たしてチェルシーは獲得を実現できるのだろうか。