シカゴ・レッドスターズに所属する日本代表FW永里優季が、東京オリンピックの聖火リレーを辞退した。24日、自身のSNSで明かしている。


 2011年のサッカー女子ワールドカップの優勝メンバーだった永里は、東京オリンピックの聖火ランナーの走者に決まっていた。


 しかし、24日に自身のTwitterでランナーを辞退したことを発表。「様々なことを考慮し、聖火ランナーへの参加は辞退させて頂きました。(以下英文部分)世界中で起こっている恐ろしく悲しい状況が、一刻も早く治まることを願っています」とツイートし「1週間くらい前にもうやばいなと思って辞退を申し出ていたのですが、この1週間でさらに状況が悪化。とにかく世界が同じ方向を向いて、この困難を乗り越えないといけないと。踏ん張りましょう」と続けた。


 23日には同代表FW川澄奈穂美も自身のTwitterを更新し、聖火ランナーの辞退を表明していた。