チェルシーが、ミランに所属するイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマの獲得に動く可能性があるようだ。イタリアメディア『フットボール・イタリア』が26日に伝えている。


 チェルシーでは今シーズン、スペイン代表GKケパ・アリサバラガがここまで思うような結果を残すことができていない。そこで、同クラブを率いるフランク・ランパード監督は代替選手として、ドンナルンマに白羽の矢を立てたようだ。


 ドンナルンマは1999年生まれの21歳。今シーズンはセリエAで24試合に出場している。ドンナルンマとミランの現行契約は2021年6月まで残っており、移籍金は6000万ユーロ(約72億円)と見積もられている。


 しかし今回の報道によると、レアル・マドリードとパリ・サンジェルマンもドンナルンマの獲得に興味を示している模様。同選手を巡って争奪戦に発展する可能性もあるかもしれない。