パリ・サンジェルマン(PSG)が、新型コロナウイルス対策として多額の寄付を行ったようだ。イギリスメディア『BBC』が26日に伝えている。


 世界中で広がり続けている新型コロナウイルス。フランスは世界でも5番目に新型コロナウイルスによる死亡率が高く、現時点で1300人以上が亡くなっている。


 この状況を受けて、PSGは新型コロナウイルス対策としてフランスの慈善団体「Secours Populaire」に10万ユーロ(約1200万円)の寄付を行ったようだ。


 今回の報道によると、寄付金は新型コロナウイルスの影響を受けた子どもたちや高齢者、ホームレスの人々を支援するために使われるという。また、現場で働く医師のサポートやボランティアのトレーニングの支援のためにも使われる模様だ。