バルセロナに所属するデンマーク代表FWマルティン・ブライトバイテが、今シーズンの自身について語った。27日付けでスペイン紙『アス』が報じている。


 今年2月にレガネスからバルセロナに移籍したブライトバイテは、当時負傷していたFWルイス・スアレスやFWウスマン・デンベレに代わる活躍を期待されていた。しかし、移籍後リーグ戦3試合に出場したブライトバイテはゴールを決めることができず、現在リーグ戦は中断期間に入っている。


 そんな中、同選手は自身の今後について以下のように語り、自信を示した。


「自分のスピードとスタミナをしっかりと駆使したい。僕は以前に比べたらとても細かく分析したトレーニングを行っているから、より優れた体型を維持できているんだ。リーグ戦再開に向けて、心身共に準備はできているよ」


「バルセロナでプレーする時、たくさんのチャンスが訪れる。そして僕はこれまで多くのゴールを決めてきた。だからチームとリーグにおいてトップスコアラーの1人だと信じている。早くピッチでのプレーをサポーターに見せたいね」


 果たしてリーグ戦再開後、ブライトバイテはどのような活躍を見せるのだろうか。