レアル・マドリードを率いるジネディーヌ・ジダン監督には3つのチームプランがあるようだ。スペイン紙『マルカ』が4月30日に伝えた。


 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、世界各国のリーグは中断を余儀なくされ、欧州ではオランダとフランスが今シーズン再開を断念した。各クラブは経済的打撃を受けており、今夏の移籍市場やチーム作りにおいて見通しが利かない時期が続いている。それでもジダン監督は、豊富な人材からチーム作りができるため、「落ち着いている」という。


 レアル・マドリードでは今シーズン、MF久保建英(マジョルカ)、MFマルティン・ウーデゴーア(レアル・ソシエダ)、MFダニ・セバージョス(アーセナル)、DFアクラフ・ハキミ(ドルトムント)などがレンタル移籍で武者修行している。そのレンタル組を加えると、ジダン監督は今夏に補強しなくても、3つのチームプランを作れるようだ。


『マルカ』紙が伝えた3つのチームプランは以下のとおり。


■プランA(4−3−3)

GK:ティボー・クルトワ

DF:ダニエル・カルバハル、セルヒオ・ラモス、ラファエル・ヴァラン、フェルランド・メンディ

MF:カゼミーロ、トニ・クロース、フェデリコ・バルベルデ

FW:ヴィニシウス・ジュニオール、カリム・ベンゼマ、エデン・アザール


 プランAはジダン監督にとって理想のイレブンで、中断までに重用した選手たちで構成されているという。度重なるケガに悩まされているアザールのコンディションが最大の懸念材料だが、指揮官は守護神のクルトワを含む守備陣を「信頼している」ようだ。


■プランB(4−3−3)

GK:アンドリー・ルニン

DF:アクラフ・ハキミ、エデル・ミリトン、ナチョ・フェルナンデス、マルセロ

MF:ルカ・モドリッチ、イスコ、マルティン・ウーデゴーア

FW:マルコ・アセンシオ、ルカ・ヨヴィッチ、ギャレス・ベイル


 プランBには今シーズン出場機会が減ったマルセロやモドリッチなどに加え、レンタル先で活躍しているハキミやウーデゴーアも入った。パリ・サンジェルマンに復帰する見通しの第2GKアルフォンス・アレオラは入らず、今冬からスペイン2部のレアル・オビエドで経験を積んでいるGKアンドリー・ルニンが名を連ねた。


■プランC(3−4−3)

GK:ルカ・ジダン

DF:アルバロ・オドリオソラ、ヘスス・バジェホ、セルヒオ・レギロン

MF:ルーカス・バスケス、久保建英、ダニ・セバージョス、ハメス・ロドリゲス

FW:ブラヒム・ディアス、マリアーノ・ディアス、ロドリゴ・ゴエス


 プランCは、トップチームで一定の出場機会を得ているL・バスケスとロドリゴや、居場所を失っているJ・ロドリゲスとブラヒムなどが入った。その他はレンタル組で構成されており、同紙は「セバージョス、オドリオソラ、レギロンのような指揮官のプランに入っていない選手もいれば、クボのような将来のプランの一部になっている選手もいる」と記している。