レヴァークーゼンが1日、チリ代表MFチャルレス・アランギスとの契約を2023年6月30日まで延長した。同日、クラブ公式サイトで伝えている。


 現在31歳のアランギスは、2015年8月にインテルナシオナル(ブラジル)からレヴァークーゼンへ完全移籍。これまで公式戦通算130試合に出場し、12得点23アシストを記録している。また、チリ代表としては78キャップを記録している。


 レヴァークーゼンのシモン・ロルフェスSD(スポーツ・ディレクター)はアランギスについて、「チーム、スカッド全体の重要な柱で、戦略上非常に重要な選手だ。試合を読む力があり、適切なタイミングでペースを上げられる。驚くほど冷静で、チームメイトに安定と安全をもたらす。彼との新たな3年間は、成功する未来の兆しだ」と称賛し、同選手との契約延長を喜んだ。


 また、アランギスもクラブ公式サイトを通じてコメント。「僕はここで多くを体験してきた。素晴らしい選手とのビッグマッチがいくつもあるんだ。ここで素晴らしい時間を過ごしているし、これからの3年間で素晴らしいことを達成できるように全力を尽くすよ」とクラブへの忠誠を改めて誓った。