ベティスに所属するフランス代表MFナビル・フェキルにクラブ残留の可能性が高まっている。スペイン紙『マルカ』が4月30日付で報じている。


 フェキルは昨年7月にリヨンからベティスに移籍し。4年契約を締結。フェキルは、今シーズンここまでリーグ戦22試合出場7得点6アシストを記録し初挑戦ながら活躍を見せている。


 フェキルにはアーセナルやミラン、オーナー交代で金満化が噂されるニューカッスルが興味を示していると伝えられている。しかし、フェキルはバルセロナやレアル・マドリードといったタイトルを狙えるチームへの移籍かクラブの財政難での売却以外では移籍を望んでいないようだ。