リヴァプール市のジョー・アンダーソン市長が、プレミアリーグ再開に危機感を示した。1日に、イギリスメディア『BBC』が報じている。


 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、プレミアリーグは試合開催がストップしている状態だ。プレミアリーグは健康保護プロトコルによって承認されたスタジアムを使用したり、観客をスタジアムに入れないことで今シーズンを再開させたい意向を示しているが、アンダーソン市長は事態がそう簡単に解決しない可能性を示唆している。


「たとえば、スタンドを閉鎖した会場でリヴァプールがタイトルを獲得したとしよう(現在リヴァプールは2位マンチェスター・Cに勝ち点『25』差をつけて首位に立っている)。だが、結局はサポーターが本拠地『アンフィールド』の外に集まって、密集状態ができてしまうだろうね」


「そうなれば、きっと規則は守られない。多くの市民も祝賀ムードに包まれて集まってくることだろう。これまで積み上げてきたものが無駄になってしまう危険性がある」


 サポーターや群衆が“無秩序化”することを予想するアンダーソン市長に対し、当のリヴァプールは「市長の発言には失望している」と公式声明を発表しており、反発を強めている。果たして、プレミアリーグは上手く折り合いをつけつつ、再開までこぎつけることができるのだろうか。