マンチェスター・Uはモナコに所属するフランス人FWウィサム・ベン・イェデルの獲得に関心を示している。2日にフランスメディア『Le10 Sport』が報じた。


 ベン・イェデルは今シーズン、セビージャからモナコへと加入し母国復帰。新天地で早速適応し、公式戦通算31試合に出場19ゴール9アシストをマークしている同選手は複数クラブから注目を集めている。


 同メディアによるとマンチェスター・Uがベン・イェデルの獲得に関心を示している模様だ。同クラブは今夏の移籍市場でフォワードの獲得を最優先しており、クラブを率いるオーレ・グンナー・スールシャール監督は両足での鋭いシュートを武器とする同選手を高く評価しているという。


 モナコはエース格であるベン・イェデルの退団を望んではいないものの、適当なオファーがあれば売却に応じる姿勢だそうだ。果たして同選手は今夏の移籍市場で再び新たなクラブへの移籍を果たすのであろうか。