インテルは、マンチェスター・Uに所属するフランス代表MFポール・ポグバの獲得に興味を示しているようだ。3日付けでスペイン紙『アス』が報じている。


 報道によると、インテルのアントニオ・コンテ監督は、同クラブの現有戦力に満足していない模様。今年1月に獲得したクリスティアン・エリクセンは未だその力を発揮し切れておらず、ステファノ・センシやニコロ・バレッラは同監督からの信頼を勝ち取れていないようだ。


 そのためインテルは、2021年の6月にマンチェスター・Uとの契約が満了となるポグバの獲得を計画しているという。同選手とコンテ監督は、2012年から2014年にかけてユヴェントスで選手と監督として共に戦った経験があり、当時以来の“再会”を目指すことになるようだ。


 レアル・マドリードやユヴェントスなどから熱視線を浴びるポグバだが、果たして今後新天地を求めることになるのだろうか。