ミランは元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチの残留を望んでいるようだ。イタリアメディア『フットボールイタリア』が伝えている。


 イブラヒモヴィッチは昨年12月にメジャーリーグ・サッカー(MLS)のロサンゼルス・ギャラクシーから古巣であるミランに加入。得点のみならず様々な面でミランを牽引した。


 ミランは内部分裂の結果、チーフ・フットボール・オフィサーのズボニミール・ボバン氏を就任後わずか9カ月で解雇。テクニカルディレクターのパオロ・マルディーニ氏の去就も不透明となっておりクラブの将来に不安を残している。


 ミランはイブラヒモヴィッチ残留を望んでおり、最高経営責任者(CEO)のイヴァン・ガジディス氏によると、ミランは別のプランを用意し、新たに資金を準備するようだ。報道によると、イブラヒモヴィッチも、サンシーロでの将来のスポーツ・プロジェクトにかかっており、ミランの新契約合意に近づいている模様。同メディアは、未来はステファノ・ピオリ監督と技術部長のパオロ・マルディーニ氏にかかっていると締めている。