ヘルタ・ベルリンに所属する元コートジボワール代表FWサロモン・カルーが、ソーシャルディスタンス(社会的距離)に関するガイドラインを無視した内容の動画を自身のフェイスブックアカウントでライブ配信したことで、クラブはカルーに出場停止処分を言い渡した。4日に、アメリカメディア『ユーロスポーツ』が報じている。


 新型コロナウイルス感染拡大の影響で中断状態にあるブンデスリーガだが、すでに各クラブは少人数でのグループ練習を再開している。『ユーロスポーツ』によると、カルーはフェイスブックにある動画を投稿。チームメイトと近距離で握手をする様子などが収められたその動画からは、ソーシャルディスタンスが守られていないことがはっきりと見て取れたという。ヘルタはこの動画を確認後、カルーを出場停止処分にすると共に、以下のような声明を発表している。


「サロモン・カルーは投稿された動画内で、今必要とされているソーシャルディスタンスと衛生ガイドラインを遵守していないという印象を与えた。ヘルタは、これが彼の独断で行われた行為であることを明確にしたい。他のチームメイトが握手をして挨拶を返してしまったという事実は、ソーシャルディスタンスに関するルールをさらに強力なものにしなければならないことを明らかにしている」


 騒動の渦中にあるカルーは「新型コロナウイルス感染防止を真剣に考えていないという印象を与えてしまった。本当に申し訳なく思う。チームメイト全員が検査で陰性だったことで嬉しさがこみ上げたんだ。動画に登場したすべての人にも謝罪したい」と反省の弁を口にしている。


 なお、問題の動画はすでに削除されている。