ニースは5日、今季終了までの期限付き移籍で加入していた3選手について、買取オプションなどを行使せずにレンタル契約を解消すると発表した。5日、クラブ公式サイトで伝えている。


 今回、5日を持ってニースとの契約が解消されたのは、セネガル代表DFムサ・ワゲ(所属元バルセロナ)、デンマーク代表DFリザ・ドゥルミシ(所属元ラツィオ)、アルジェリア代表FWアダム・ウナス(所属元ナポリ)の3選手。3選手の契約にはニースによる買取オプションが付帯していたが、ニースはいずれの買取オプションも行使しないと発表している。


 現在21歳のワゲと現在26歳のドゥルミシは今冬加入し、ともに公式戦は5試合に出場した。一方、現在23歳のウナスは、昨夏にレンタル料250万ユーロ(約3億円)の1年契約でニースに加入。公式戦19試合の出場で4得点4アシストを記録していた。


 フランスでは新型コロナウイルスの感染拡大を受け、4月30日にリーグ・アン(1部)とリーグ・ドゥ(2部)の今シーズン打ち切りが正式に決まっていた。ニースは1試合当たりの勝ち点によって5位となり、来季のチャンピオンズリーグ出場権を逃していた(※ヨーロッパリーグの出場権については現在未定)。