バイエルンに所属する元ドイツ代表DFジェローム・ボアテングが、かつてチャンピオンズリーグ(CL)のバルセロナ戦でリオネル・メッシと対峙した時のことを自身のツイッターで振り返った。


 新型コロナウイルスショックで世界中に停滞したムードが漂うなか、J・ボアテングは人々に笑いを提供したかったのかもしれない。6日にツイッターを更新したJ・ボアテングは、2014−15シーズンのCL準決勝ファーストレグ・バルセロナ戦でメッシと対峙する自身の写真を投稿。この時、メッシのドリブルに翻弄されたJ・ボアテングが尻餅をついたのは有名なエピソードだが、投稿した写真はまさに尻餅をつく寸前の瞬間を捉えたものだった。


 また、写真には「さあ、どうぞ。苦しい毎日に、笑える何かを――。僕はその間にポップコーンでも買ってきて、2014年のワールドカップ決勝でも見よう」というキャプションが添えられていた。メッシによって赤っ恥をかかされたJ・ボアテングだが、その前年に行われた2014 FIFAワールドカップ ブラジルでは決勝でメッシ擁するアルゼンチン代表を下し、ドイツ代表の一員として24年ぶり4回目の優勝を経験している。


 “尻餅事件”からちょうど5年が経過したタイミングで、J・ボアテングは自虐も交えつつ、ユーモアたっぷりの投稿で世間を和ませた。