インテルはライプツィヒに所属するドイツ代表FWティモ・ヴェルナーの獲得に向けた準備を進めているようだ。7日にイタリアメディア『フットボールイタリア』が報じている。


 インテルはアルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネスの移籍が濃厚となっていることから、ライプツィヒの攻撃陣を引っ張るヴェルナーを後釜としてリストアップしている模様。現時点ではリヴァプールとの契約合意が近づいているとみられるが、ある条件のもとではインテルにも獲得のチャンスが巡ってくる可能性があるようだ。


 その条件とは、ライプツィヒが今季のブンデスリーガで優勝を逃すというもの。現在、首位のバイエルンから勝ち点5離れた3位に位置するライプツィヒが逆転優勝を逃すと、ヴェルナーの違約金は6000万ユーロ(約69億円)から5000万ユーロ(約57億円)まで下がるとみられている。そのため、より多くのクラブに獲得のチャンスが巡ってくるようだ。