FC東京は8日、ベトナムVリーグ1に所属するサイゴンFCと提携することを発表した。


 これにより、サッカースクール事業やクラブ運営全般(地域貢献活動など含む)、アカデミー組織立ち上げなどに協力するという。なお、本契約はベトナム社会主義共和国南部解放記念日4月30日に契約合意したもので、活動開始時期についてはベトナムへの渡航および現地での活動制限が解除後、開始する予定となっている。


 大金直樹代表取締役社長はクラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントを発表している。


「私たちがホームタウン東京で展開してきたサッカーによる地域への貢献事業、サッカーの普及事業、選手の育成において高く評価いただき、この度、SAI GON FOOTBAL CLUBとクラブ間での提携をすることになりました。ベトナム最大都市であるホーチミンにおいて、サッカーを通じた地域貢献やサッカーの普及、選手育成をサポートしサッカー文化の醸成に寄与できればと思います。今後は東京とホーチミンとの積極的な国際都市交流に発展していけるよう務めてまいります」