トッテナムはパリ・サンジェルマン(PSG)に所属するベルギー代表DFトーマス・ムニエの獲得に関心を示している。9日にイギリス紙『サン』が報じた。


 ムニエの現行契約は今シーズン限りで満了する。PSGと契約延長の交渉は行われていたものの破談に終わったため、同選手は今夏の移籍市場で新天地を求めている模様だ。


 同紙によると、トッテナムが以前からムニエの動向を注視しており、獲得に本腰を入れていると伝えられている。同クラブは獲得競争においてマンチェスター・Uなどのライバルクラブと比較してもリードしているという。ムニエは今夏の移籍市場でキャリア初のプレミア上陸を果たすのであろうか。