ヒムナシア・ラ・プラタの監督を務めるディエゴ・マラドーナ氏は、元ブラジル代表ロナウジーニョ氏を選手として迎え入れることを望んでいるようだ。26日、スペイン紙『マルカ』が報じている。


 サッカーファンが夢にまで見たタッグが、アルゼンチンの地で誕生するのかもしれない。現在アルゼンチン1部リーグのヒムナシア・ラ・プラタの監督を務めるマラドーナ氏は、バルセロナなどで活躍したブラジルのファンタジスタ、ロナウジーニョ氏を現役復帰させ、自らのチームに迎え入れたいと考えているようだ。また、ロナウジーニョ氏も現役復帰をしたい考えを持っているといい、実現の可能性は低くないとみられている。


 ロナウジーニョ氏は母国のフルミネンセを最後の所属クラブとし、2018年にスパイクを脱ぐという決断をしている。その後はプライベートで様々なトラブルを起こし、現在はパスポート偽造の件で、パラグアイで自宅軟禁となっているようだ。今年で40歳を迎えたお騒がせなスーパースターだが、再びピッチへと戻り、アルゼンチンとブラジルのレジェンドの夢の共演が実現することとなるのだろうか。