23日にレッジーナと3年契約を結ぶことが発表された元フランス代表FWジェレミー・メネズが、イタリア復帰を喜んだ。26日に、イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』が報じている。


 今シーズンをセリエC・ジローネCで過ごしたレッジーナは、勝ち点88を獲得し首位を堅持。来シーズンのセリエB昇格を決めた。元日本代表MF中村俊輔が所属したことでも知られるクラブだが、2015年には破産も経験。その後再建をはかり、来シーズンにセリエBを戦うまでに立ち直っている。


 かつてローマやミランで活躍したメネズは、23日にレッジーナ加入が決定。4年ぶりにイタリア復帰を果たした元フランス代表FWは、喜びを隠すことなくこう語った。


「イタリアに戻ってこられて、とても幸せな気持ちだ。ここは人々の情熱が強く、僕はそれを必要としていたからね。僕の帰還は、きっと美しいものになるだろう」