アーセナルに所属しているスペイン代表MFダニ・セバージョスが、今季終了後に古巣のベティスへ復帰するかもしれない。スペインメディア『マルカ』が26日に報じている。


 今シーズン開幕前にレアル・マドリードからのレンタル移籍でアーセナルへ加わったセバージョス。今季の公式戦ではここまで27試合に出場し1ゴールを挙げているものの、シーズン終了後のアーセナル退団は確実視されている。しかし、ジネディーヌ・ジダン監督が率いるレアル・マドリードで定位置を確保することは難しいと考えており、スペイン国内で移籍先を模索するのではないかと報じられていた。


 このような状況の中、セバージョスの新天地候補としてベティスの名前が名前が挙がっている。セバージョスは「ベティスも選択肢の1つだ。どのクラブに対しても扉を閉めるつもりはない。リーガでプレーすることは自分にとっては魅力的だけど、アーセナルにも満足しているんだ。今はとにかく残りのシーズンに集中しているよ」と話し、直接的な言及は避けている。


 それでも、来年開催されるEUROのメンバー入りを目指しているセバージョスにとって、出場機会が確保できるクラブでのプレーは最優先事項となる。「僕の目標は来年もコンスタントにプレーすることだ。レアル・マドリードで年間40試合に出場することは難しいだろう。今年は楽しくプレーさせてもらって、来年も同じような状況に身を置きたいんだ」と話したセバージョスは「(EUROは)僕の目標。全ては自分次第だと思っている。全力を出し切って高いレベルを維持できれば、きっと出場できるはずだ」とコメントしている。


「自分が最もプレーしやすい環境を決めるつもりだ。ジダンは1年間経験を積むことを勧めてくれた。まずは彼と話をして、ベストな選択肢を見極めるよ」と自身の去就について話したセバージョス。果たして、来季のセバージョスはどのクラブのユニフォームを身に纏ってプレーしているだろうか。今後の動向に注目が集まっている。