約4カ月の中断を経て、ついに再開した明治安田生命J2リーグ。ともに開幕戦白星発進となったジェフユナイテッド千葉と大宮アルディージャの一戦は、プロ2年目のMF小野雅史の一振りが決勝点となり大宮が開幕連勝を飾った。


 スコアレスで迎えた前半アディショナルタイム、大宮は相手ゴール前でFKを獲得する。河面旺成、翁長聖、そして小野とキックのスペシャリストが揃う中、小野が左足で蹴った速いボールは相手に当たってゴールイン。「河面選手、翁長選手と話し合って、ピッチがスリッピーだったので『速いボールを蹴ろう』ということになりました。キック力には自信があるので僕が蹴りました」とセットプレー時を振り返った。


 小野は大宮のジュニアユース、ユース出身で明治大学を経由し、プロとして再び大宮に加入。ルーキーイヤーの昨季はリーグ戦2試合の途中出場にとどまり、今季開幕戦もメンバー外と悔しさを味わった。しかし、小野の気持ちは長い中断期間の間も途切れることはなかった。


「プロ初先発で初得点ということで、ホッとしている部分もありますけど、今季は昨季の悔しさを胸に練習に取り組んできました。この中断期間もモチベーションを落とさずにできたので、その結果が出たのだと思います」


 得意とするポジションは中盤の2列目だが、千葉戦ではボランチの一角として先発フル出場。殊勲の決勝点のみならず、小気味のいいパスでチームに攻撃のリズムをもたらした。「ボランチとして出場しましたけど、攻撃が特長なので攻撃の部分やつなぎ、得点でどんどん絡めていけたらいいなと思います」とさらなる活躍を誓った。