オランダサッカー協会(KNVB)が26日、来シーズンの国内リーグ・エールディヴィジ開幕日を9月12日に定めたことを公式サイトで発表した。


 新型コロナウイルスを抑え込むため、オランダ政府は4月21日から9月1日までの間、すべてのサッカーの試合を禁止することを発表していた。一方、この措置は7月1日に期限切れとなるため、同日以降は物理的な制限(互いに1.5mの距離を保たなければならないなど)のないスポーツから順次許可される。そのため、アマチュア・プロを問わず、サッカーチームが新シーズンに向けて段階的に準備を進めていくことが可能となる。


 KNVBは、来シーズンのエールディヴィジ開幕日を9月12日とすることを発表。また、7月8日には各クラブに健康保護プロトコルを提供する予定だという。今シーズンは、欧州主要リーグ初の打ち切りという結末に終わったエールディヴィジだが、来る開幕の時に備えて再生の道を歩んでいくことになる。