ブンデスリーガ最終節が27日に行われ、フランクフルトはホームでパーダーボルンと対戦した。MF鎌田大地は先発出場を果たしており、MF長谷部誠はベンチ外となっている。


 フランクフルトは9分、相手DFが連係ミスしてこぼれたボールをセバスティアン・ローデが狙いをすましてシュートを放つ。ボールは右隅に吸い込まれフランクフルトが先制に成功した。


 さらに32分、フランクフルトは鎌田大地が右サイドからパスを供給すると、そのままダニー・ダ・コスタがワンタッチでゴール前へ。最後はアンドレ・シルヴァがしっかりと決めて2点差に突き放した。


 2点リードで後半を迎えたフランクフルトは52分、ドミニク・コールが右サイドからグラウンダー性のクロスを供給すると最後はバス・ドストがしっかり合わせて3点目を挙げた。


 3点リードを許したパーダーボルンだが徐々に反撃に出る。55分にはモハメド・ドレーゲルのゴールで1点を返すと、75分にはスベン・ミケルが相手DFの隙を突いて追加点。パーダーボルンが1点差に詰め寄った。


 パーダーボルンは90+3分、ローラン・ヤンが押し込んでゴールネットを揺らす。しかしこのゴールはオフサイドの判定で認められず、同点とはならなかった。そのまま試合は終了し、フランクフルトが勝利した。


【スコア】

フランクフルト 3−2 パーダーボルン


【得点者】

1−0 9分 セバスティアン・ローデ(フランクフルト)

2−0 32分 アンドレ・シルヴァ(フランクフルト)

3−0 52分 バス・ドスト(フランクフルト)

3−1 55分 モハメド・ドレーゲル(パーダーボルン)

3−2 75分 スベン・ミケル(パーダーボルン)