チェルシーのフランク・ランパード監督が、クラブに所属するアメリカ代表FWクリスティアン・プリシッチを称賛した。イギリスメディア『スカイスポーツ』が27日に報じている。


 チェルシーは25日にプレミアリーグ第31節でマンチェスター・Cと対戦。プリシッチが先制点を挙げ、試合は2−1でチェルシーがマンチェスター・Cに勝利を収めた。ランパード監督はプリシッチについて「彼は本当にビッグプレーヤーになれると思う」と述べ、次のように称賛した。


「彼は若い年齢でドイツでブレイクした後、チェルシーのようなビッグクラブに移籍したから、明らかに期待は高いと思われるが、年齢を考慮しないといけない」


「彼のクオリティに疑いの余地はないし、プレーを改善することに熱心に取り組んでいる。負傷で時間を費やしたため、その分ハングリーだ」


 また、ランパード監督はプリシッチが「スターリングやサラー、マネのような選手になれる可能性を持っている」と言及。リヴァプールのエジプト代表FWモハメド・サラーやマンチェスター・Cのイングランド代表FWラヒーム・スターリングやリヴァプールのセネガル代表FWサディオ・マネのような、リーグを代表するフォワードになれる可能性を述べた。


「彼は彼らのようになるために必要なことを理解している。彼は絶対に才能を持っており、彼らのようなレベルに到達する必要がある」


 現在22歳のプリシッチはドルトムントの下部組織出身。2016年にトップチームでデビューを飾ると、在籍した4シーズンで公式戦127試合に出場して19ゴールを挙げた。2019年にチェルシーに移籍すると、今シーズンはプレミアリーグ18試合に出場して7ゴールを記録。チーム内では、イングランド代表FWタミー・アブラハムに次いで2番目の得点数となっている。