アーセナルはザルツブルクに所属するハンガリー代表MFドミニク・ショボスライの獲得に関心を示している。27日にイギリス紙『サン』が報じた。


 ショボスライは今シーズン、ザルツブルクにて公式戦通算37試合に出場し10ゴール16アシストを記録。優れたパスセンスが評価され、複数クラブが今夏の移籍市場で同選手の獲得に動くようだ。


 同紙によると、以前からショボスライの動向を注視していたアーセナルが争奪戦にてリードしているという。同クラブは元ドイツ代表MFメスト・エジルの後継者を求めており、攻撃センスのあるショボスライの獲得に本腰を入れるようだ。


 アーセナルはザルツブルクに対して移籍金2700万ポンド(約35億円)を支払う予定だと伝えられている。果たして同選手はキャリア初のプレミアリーグで、期待に応えることができるのであろうか。多くのファンがショボスライの去就に注目を集めていること間違いなしだ。