レアル・マドリードのフランス人FWカリム・ベンゼマは、エスパニョール戦で決勝ゴールをアシストしたシーンを振り返りコメントした。28日、クラブが公式サイトで伝えている。


 28日、リーガ・エスパニョーラ第32節が開催され、首位のレアル・マドリードはアウェイでエスパニョールと対戦。試合は前半終了間際、ベンゼマのヒールパスに反応したブラジル代表MFカゼミーロが先制点をあげ、そのままレアル・マドリードが1−0で逃げ切った。そしてベンゼマによる芸術的な決勝弾のアシストは多くの称賛を集めている。


 45分、ゴール前でボールを拾ったベンゼマは、ほぼ後ろを確認することなく右足でヒールキックを選択。ボールは後ろから対応にあたったエスパニョールDFの股を抜け、ちょうどそこに走り込んだカゼミーロのもとへと渡った。この絶妙なアシストは、2010年1月30日に行なわれたデポルティーボ戦で元スペイン代表MFグティが見せた伝説的なヒールキックでのアシストを彷彿とさせるとしても話題を呼んでいる。何を隠そう、その際にグティのパスを受けてゴールを決めたのは、他でもないベンゼマだったのだ。


 ひらめきと華麗なテクニックでゴールを生み出したベンゼマは試合後、このシーンを振り返って次のように語った。


「あれは良い動きだったね。でもカゼミーロがうまくゴールを決めきったことの方が大切だよ」


「あれが僕にとってのサッカーだ。ああいうことが自然と思い浮かんでくる。彼が後ろからやってくるのは分かっていたよ」


 今季もレアル・マドリードで重要な活躍を連発するベンゼマ。リーガ制覇に向けて、残りの試合でも32歳のスーパープレーを見ることができるだろうか。