リーガ・エスパニョーラ第33節が30日に行われ、MF久保建英が所属するマジョルカはホームでセルタと対戦。連戦続く中、久保は9試合連続のスタメンとなった。


 2部自動降格圏の18位に位置するマジョルカは、勝ち点差は8あるが、17位セルタとの直接対決でその差を縮めるチャンス。再開後5試合でセットプレーの2得点のみだったが、この日はゴールラッシュとなった。13分、接触の有無が議論を呼びそうなファールでマジョルカがPKを獲得すると、アンテ・ブディミルが決めて先制。その後、押し込まれる展開となったが、27分に左サイドに流れた久保から中央へのパスを受けたクチョ・エルナンデスがDFにボールに触られながらも追加点を獲得する。40分にも右サイドの久保からマイナスパスを受けたアレハンドロ・ポソが3点目を決めた。


 後半早々の50分にPKで失点するも、2分後には久保のパスをもらったサルバ・セビージャがワンタッチでエリア内へ縦パスを出し、抜けたブディミルがこの試合2点目。60分には再び久保のパスを受けたセビージャが今度は自身でミドルシュートを鮮やかにゴール右へ決めた。


 試合はそのまま決着し、マジョルカはリーグ戦再開後6戦目で初勝利。1試合5得点は今シーズン初となっている。久保は83分に交代している。


 マジョルカは3日にアウェイでアトレティコ・マドリードと、セルタは4日にホームでベティスと対戦する。


【スコア】

マジョルカ 5−1 セルタ


【得点者】

1−0 13分 アンテ・ブディミル(PK)(マジョルカ)

2−0 27分 クチョ・エルナンデス(マジョルカ)

3−0 40分 アレハンドロ・ポソ(マジョルカ)

3−1 50分 イアゴ・アスパス(PK)(セルタ)

4−1 52分 アンテ・ブディミル(マジョルカ)

5−1 60分 サルバ・セビージャ(マジョルカ)


※記事掲載当初は3アシストと記載しておりましたが、データサイト『Opta』にて2アシストとなりましたので、訂正をいたしました(1日4時45分)。