ウェストハムに所属するイングランド代表MFデクラン・ライスが、プレミアリーグ第32節チェルシー戦を振り返りコメントした。イギリス紙『イブニング・スタンダード』が伝えている。


 残留を争うウェストハムは、チャンピオンズリーグ出場権を争うチェルシーをホームに迎えた。ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)に泣きながらも3−2で勝利を収め、貴重な勝ち点「3」を獲得した。


 この試合にフル出場したライスは、試合を振り返り次のように語っている。


「すべてのことが、僕たちが何を求めているのかを強く表していた。すべてを出し切らなかった選手は一人もいなかった。勝ち点3を獲得したのは当然のことだね」


「ファンは信じられないよ。我々が良いパフォーマンスを見せられなかった時、当然彼らはパフォーマンスに満足していないことを表すし、(今日は)彼らの一人一人は本当に誇りに思ってくれただろうし、眠れないだろうね」


「今夜のようなプレーをすれば、きっとうまくいくだろう。チェルシーはマンチェスター・Cとレスターに勝っているし、彼らは再開してから本当に調子よかった。彼らは上位勢だ。でも、僕らは団結して、質の高いプレーを見せた…最後のホイッスルが鳴ったとき、僕は久しぶりに最高の気分になったよ」