ブレーメンFW大迫勇也が自身の公式SNSを更新、激動の今シーズンを振り返りファンへメッセージを送った。


 ブレーメンは今シーズン、開幕から低迷し長く降格圏を彷徨った。それでも最終節に大迫の2得点などで大勝、昇降格プレーオフ圏内へと滑り込むと、2部3位ハイデンハイムとの対決を制して残留を勝ち取っている。大迫は「今シーズンの戦いが終わりました。1部残留をすることが出来て今はほっとしています。日本からも沢山の応援を頂きありがとうございました。来シーズンに向けまずはしっかり休みます!!」と綴った。


 また大迫の出身地である九州は現在、梅雨前線による集中豪雨の被害を受けている。「九州での大雨による災害、心配しています。コロナ禍で不安なことも多いと思いますが少しでも早く避難してまず命の安全を確保してください」とメッセージを発表している。