マンチェスター・Uはワトフォードに所属するセネガル代表FWイスマイラ・サールの獲得に関心を示している。12日にイギリスメディア『スカイスポーツ』が報じた。


 サールは今シーズン、ワトフォードにてリーグ戦28試合に出場し5ゴール6アシストを記録。中でもファンの記憶に残るのはプレミアリーグ第28節のリヴァプール戦にて2ゴール1アシストをマークした試合であろう。


 同メディアによると、マンチェスター・Uがサールの獲得に関心を示しているという。ワトフォードは今シーズン、2部降格を強いられ、サールは退団を希望するようになったようだ。


 しかし、ワトフォードはエース格の売却を望んでおらず、最低でも移籍金5000万ポンド(約69億円)を要求しているという。果たしてサールは今夏の移籍市場でステップアップをするのであろうか。