明治安田生命J1リーグ第17節が各地で行われた。


 2位のセレッソ大阪は、ホームに5位の鹿島アントラーズを迎えての上位対決を迎えた。互いに連勝中で好調のチーム同士の対戦となったが、鹿島が32分にMFファン・アラーノのゴールで先制。しかしC大阪はその3分後にFWブルーノ・メンデスのゴールで追いつき、試合を折り返す。迎えた後半立ち上がり早々、鹿島はFWエヴェラウドのゴールで勝ち越しに成功すると、試合はこのまま終了。鹿島は6連勝を飾り、C大阪はリーグ戦で7試合ぶりの黒星を喫した。


 17位の湘南ベルマーレと18位の清水エスパルスの一戦は、スコアレスで試合を折り返す展開。そして44分、清水はFWカルリーニョス・ジュニオが先制点を決めリードを奪うと、86分にFWジュニオール・ドゥトラ、後半アディショナルタイムにDF西澤健太がゴールを決め、結局試合は0ー3で終了。アウェイで湘南に勝利した清水が、最下位を脱出している。


 アウェイで6位の浦和レッズと対戦した首位の川崎フロンターレは、前半はなかなか相手の守備を崩せない時間が続くも、37分にDF山根視来が先制点を記録。そのまま前半をリードで折り返した川崎Fは50分にFW小林悠が追加点を挙げると、後半アディショナルタイムにFWレアンドロ・ダミアンが3点目を挙げ、0ー3で勝利した。これで川崎Fは公式戦6連勝を飾り、2位C大阪との勝ち点差を8にまで広げている。


 第17節の結果と順位表、また第18節の対戦カードは以下の通り。


■試合結果

札幌 0ー1 G大阪

鳥栖 1ー3 横浜FM

名古屋 2ー1 神戸

C大阪 1ー2 鹿島

湘南 0ー3 清水

柏 1ー1 広島

大分 1ー0 横浜FC

浦和 0ー3 川崎F

FC東京 1ー0 仙台


■順位表

1位 川崎F(勝ち点47/得失点差+39)

2位 C大阪(勝ち点39/得失点差+11)

3位 FC東京(勝ち点35/得失点差+9)

4位 名古屋(勝ち点30/得失点差+10)

5位 鹿島(勝ち点30/得失点差+5)

6位 柏(勝ち点27/得失点差+8)

7位 横浜FM(勝ち点27/得失点差+5)

8位 浦和(勝ち点27/得失点差−7)

9位 G大阪(勝ち点26/得失点差+1)

10位 広島(勝ち点22/得失点差+4)

11位 大分(勝ち点22/得失点差−5)

12位 神戸(勝ち点22/得失点差−5)

13位 札幌(勝ち点17/得失点差−12)

14位 横浜FC(勝ち点17/得失点差−13)

15位 鳥栖(勝ち点14/得失点差−5)

16位 清水(勝ち点12/得失点差-16)

17位 仙台(勝ち点11/得失点差−14)

18位 湘南(勝ち点9/得失点差−15)


■第18節の対戦カード ※いずれも9月23日(水)に開催

18:30 札幌 vs 柏

19:00 鹿島 vs 湘南

19:00 FC東京 vs C大阪

19:00 川崎F vs 横浜FC

19:00 G大阪 vs 名古屋

19:00 神戸 vs 鳥栖

19:00 大分 vs 広島

19:30 横浜FM vs 仙台

19:30 清水 vs 浦和