リーガ・エスパニョーラ第4節が9月30日に行われ、MF久保建英が所属するビジャレアルはホームでアラベスと対戦した。久保は開幕4試合連続のベンチスタートで75分に途中出場した。


 前節はバルセロナに0−4の完敗で今季初黒星を喫したビジャレアル。今節は開幕3戦未勝利(1分2敗)のアラベスをホームに迎えた。ビジャレアルは開始13分、右サイドを抜けたマリオ・ガスパールがグラウンダーのクロスを入れると、ニアに飛び出したパコ・アルカセルが右足の優しいタッチでゴール左隅に流し込み、先制点を決めた。


 ビジャレアルはその後も主導権を握っていたが、36分にミスから追いつかれてしまう。アラベスはデイヴェルソンが自陣から前線へロングパスを供給。すると、ペナルティエリア外に出た相手GKセルヒオ・アセンホは目測を誤って処理できず。GKの頭上を超えたボールをエドガル・メンデスが無人のゴールに流し込んで同点に追いついた。


 しかしビジャレアルは前半終了間際にエリア内でマリオ・ガスパールが倒され、VARを経てPKを獲得。キッカーのジェラール・モレノがゴール左隅に沈めて勝ち越しに成功した。


 1点リードで折り返したビジャレアルは67分、エリア右に抜け出したジェラール・モレノがループシュートで狙うが、これは惜しくも左ポストに直撃。それでもアルカセルがこぼれ球を押し込んで追加点を挙げた。


 3点リードを得たビジャレアルは75分、マヌ・トリゲロスに代えて久保を送り出す。久保は左ウイングの位置に入り、後半アディショナルタイム4分にはエリア左に切り込んで左足シュートを放ったが、GKにキャッチされた。久保は短い出場時間の中で奮闘したものの、攻撃のチャンスは少なく見せ場を作ることはできず。試合はこのまま終了し、ビジャレアルが勝利を収め、ホーム2連勝。アラベスは2連敗を喫した。


 次節、ビジャレアルは10月3日にアウェイでアトレティコ・マドリードと、アラベスは同4日にホームでアスレティック・ビルバオと対戦する。


【スコア】

ビジャレアル 3−1 アラベス


【得点者】

1−0 13分 パコ・アルカセル(ビジャレアル)

1−1 36分 エドガル・メンデス(アラベス)

2−1 45+1分 ジェラール・モレノ(PK/ビジャレアル)

3−1 67分 パコ・アルカセル(ビジャレアル)