インテルは21日、モロッコ代表MFアクラフ・ハキミに新型コロナウイルスの陽性反応が出たことを明かした。


 発表によると、ハキミは欧州サッカー連盟(UEFA)が設けている検査によって陽性と確認され、21日に行われる予定のチャンピオンズリーグ・グループステージ第1節ボルシアMG戦への欠場が決定。なお、同選手は完全に無症状であるようだ。


 現在21歳のハキミは、今夏にレアル・マドリードからインテルへと完全移籍で加入。今季はここまでセリエAの全4試合に出場し、1ゴール2アシストを記録していた。


 インテルにとっては、先日のアレッサンドロ・バストーニとラジャ・ナインゴランらに続き、5人目の新型コロナウイルス陽性となる。