北海道コンサドーレ札幌は29日、FW菅大輝が新型コロナウイルス感染症の陽性判定を受けたことを発表した。菅に症状はなく、翌30日にはトップチームの全関係者がPCR検査を受けるという。


 同日朝、菅は知人男性が陽性判定を受けたため、自らが濃厚接触に当たる可能性があることをクラブに報告。クラブが管理する行動履歴から、同選手と濃厚接触に当たると思われる選手とスタッフの合計4名が同日夕方に検査を受け、菅のみ陽性判定となった。菅と知人男性は無症状だという。


 札幌は31日に行われる明治安田生命J1リーグ第25節のガンバ大阪戦からアウェイでの連戦が控えている。今後の試合については、Jリーグや相手クラブと協議しながら、試合開催に向けた体制を取っていくという。


 現在22歳の菅は今季これまで公式戦24試合に出場し、2ゴールを記録している。