ドルトムントのノルウェー代表FWアーリング・ハーランドが負傷を負ったようだ。リュシアン・ファーヴル監督のコメントをイギリス紙『デイリー・メール』が2日に伝えている。


 チャンピオンズリーググループステージ第5節ラツィオ戦を前に、ハムストリングの断裂によりメンバー外となることがクラブより発表されたハーランド。ファーヴル監督は「1月まで再びプレーすることはできない」とコメント、約4週間程度の離脱であることを明かしている。


 昨冬の加入以降、驚異的なペースで得点を重ねているハーランドは、今シーズンもここまでのブンデスリーガで8試合出場10得点、チャンピオンズリーグで4試合出場6得点を記録、エースとして活躍してきただけに手痛い離脱となりそうだ。