マンチェスター・Uは今冬の移籍市場でバルセロナに所属するフランス代表MFウスマン・デンベレの獲得を希望しているようだ。5日に『マンチェスター・イブニング・ニュース』が報じた。


 デンベレは2017年にドルトムントからバルセロナへと完全移籍を果たして以来、期待外れな結果に終わっている。同選手は度重なる負傷の影響で、安定した出場機会を獲得することができておらず、クラブ側もデンベレに対するフラストレーションが溜まっている模様だ。


 同紙によると、バルセロナは今冬の移籍市場でデンベレの売却を図ると伝えられている。同選手自身も新たなチャレンジに前向きな姿勢を見せているとのことで、両者にとって良い結果を招くことが期待されている。


 現在、新天地として濃厚とされているのがマンチェスター・Uであり、同クラブはデンベレの代理人と既に接触し、1月での獲得に向けてオファーを提示する意向だという。果たしてデンベレのキャリア初となるプレミアリーグ移籍は、成功するのであろうか。