ミランに所属する日本女子代表MF長谷川唯が、27日に行われたリーグ戦で2得点を記録した。


 長谷川は24歳の誕生日を迎えた1月29日に、日テレ・東京ヴェルディベレーザからミランへの完全移籍が発表された。2月13日に行われた女子コッパ・イタリアのサッスオーロ戦で新天地デビューを果たしていた。


 長谷川は27日に行われた女子セリエAのピンク・バーリ戦に先発出場し、リーグ戦デビューを飾る。31分にペナルティエリア手前左寄りの位置で獲得したフリーキックのキッカーを担当すると、無回転のシュートを突き刺し、移籍後初得点を記録した。さらに60分、左からのクロスにダイレクトで合わせてネットを揺らし、“ドッピエッタ”(1試合2得点)を達成した。



 長谷川は66分までプレーし、チームは長谷川の得点が4点目と5点目になって6−1の大勝を収めた。なお、長谷川は同試合のMVPにも選ばれている。チームはリーグ戦10連勝を達成し、1試合消化が少ない全勝の首位ユヴェントスと勝ち点で並んでいる。