レアル・マドリードは6日、翌日行われるリーガ・エスパニョーラ第26節のアトレティコ・マドリード戦に向けた招集メンバー20名を発表した。


 レアル・マドリードは”マドリード・ダービー”に向けて、ドイツ代表MFトニ・クロース、クロアチア代表MFルカ・モドリッチ、ブラジル代表MFカゼミーロといった主力メンバーを順当に招集。一方、レアル・マドリードでは負傷者が続出しており、スペイン代表DFセルヒオ・ラモス、ベルギー代表MFエデン・アザールらが戦線離脱している。


 そうした中で、負傷離脱していたフランス人FWカリム・ベンゼマがメンバー復帰。ベンゼマは14日に行われたリーガ・エスパニョーラ第23節バレンシア戦で足首を負傷して離脱をしていた。ベンゼマは今シーズン、リーグ戦21試合で12ゴールを決めており、チームトップの得点を挙げている。


 レアル・マドリードはここまで16勝5分4敗で勝ち点「53」を獲得して3位に位置。1試合未消化の首位アトレティコ・マドリードとの勝ち点差は「5」となっている。


▼GK

ティボー・クルトワ

アンドリー・ルニン

アルトゥーベ


▼DF

エデル・ミリトン

ラファエル・ヴァラン

ナチョ・フェルナンデス

マルセロ

アルバロ・オドリオソラ

フェルランド・メンディ


▼MF

トニ・クロース

ルカ・モドリッチ

カゼミーロ

フェデリコ・バルベルデ

イスコ


▼FW

カリム・ベンゼマ

マルコ・アセンシオ

ルーカス・バスケス

ヴィニシウス・ジュニオール

ロドリゴ

ウーゴ・ドゥーロ