FC東京と契約解除のGK権田、欧州で所属クラブ探しへ「決めた道を信じて」

FC東京と契約解除のGK権田、欧州で所属クラブ探しへ「決めた道を信じて」

 FC東京は14日、2016シーズンはSVホルン(オーストリア2部)へ期限付き移籍で加入していたGK権田修一について、両者合意の下で契約を解除することが決まったと発表した。


 SVホルンでのプレーを経て、所属元のFC東京との契約を解除するに至った権田。同クラブが契約解除の発表をした後に自身のツイッターを更新し「FC東京と契約を解除する事になりました」と報告した。


 権田は「今は何も決まっていない状況で1月末まで欧州で所属クラブを探します」と、次の所属クラブをヨーロッパで探すことを明かし、以下のように続けた。


「FC東京サポーターの皆さん、今まで素晴らしいサポートを本当にありがとうございました。自分で決めた道を信じて進みたいと思います!」


 権田は1989年生まれの27歳。FC東京U−15、18を経て2007年にトップチームへ昇格した。同クラブでは2015年までプレーし、2009年にヤマザキナビスコカップ(現・JリーグYBCルヴァンカップ)、2011年にJ2リーグと天皇杯制覇を果たしている。各年代別の日本代表に名を連ね、2012年にはロンドン・オリンピックのメンバーに名を連ねた。2009年以降はA代表にも招集され、2014年のブラジル・ワールドカップのメンバーにも選出されている。


 キャリア通算では、J1リーグで183試合、J2リーグで20試合に出場している権田。2015年8月、FC東京所属時にオーバートレーニング症候群と診断されたことが判明し、7月29日の明治安田生命J1リーグ・セカンドステージ第5節ベガルタ仙台を最後に戦列を離脱。2015シーズン中の復帰は叶わず、2016年1月にSVホルンへの期限付き移籍が発表された。

ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

SOCCER KINGの他の記事もみる

スポーツの主要なニュース

スポーツのニュース一覧へ

19時39分更新

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

記事検索