移籍市場で“ローマダービー”勃発へ…フルミネンセのU−20ブラジル代表FWに関心

移籍市場で“ローマダービー”勃発へ…フルミネンセのU−20ブラジル代表FWに関心

 フルミネンセに所属するU−20ブラジル代表FWリチャーリソンに対し、ローマとラツィオが獲得に関心を示している。ブラジルメディア『フォックス・スポーツ』が20日付けで報じている。


 アメリカ・ミネイロの下部組織出身のリチャーリソンは、2016年にフルミネンセへ移籍。昨季はブラジル全国選手権1部で28試合4得点を記録した。また、U−20ブラジル代表として通算10試合3得点を挙げている。


 今月に入り昨季のリーグ王者・パルメイラスから獲得のオファーが届いたものの、フルミネンセはこのオファーに応じず。最終的に残留を選んだものの、リチャーリソン本人が移籍を望んでいることに加え、今年冬にも欧州のクラブからオファーが届いていたことから、今夏での欧州挑戦が濃厚になった。


 リチャーリソンに対しては、当初ラツィオが感心を示していたが、同都市のライバルクラブ・ローマも獲得レースに参戦する模様。リチャーリソンを巡り、移籍市場で“ローマダービー”が勃発するようだ。

関連記事

おすすめ情報

SOCCER KINGの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索