アーセナルがコミュニティシールド優勝! PK戦の末にチェルシーを下す

アーセナルがコミュニティシールド優勝! PK戦の末にチェルシーを下す

 FAコミュニティシールドが6日に行われ、FAカップ王者のアーセナルとプレミアリーグ王者のチェルシーが対戦した。


 アーセナルはリヨンから新加入のアレクサンドル・ラカゼットが最前線に入る3−4−3のシステムを採用。メスト・エジル、アレクシス・サンチェスはベンチメンバーからも外れている。対するチェルシーも3−4−3の布陣。エデン・アザールが負傷離脱中のため、前線はミシー・バチュアイ、ペドロ、ウィリアンという組み合わせとなった。レアル・マドリードから獲得したアルバロ・モラタはベンチから出場機会を伺う。


 最初の決定機は22分、アーセナルはダニー・ウェルベックの折り返しを受けたラカゼットが右足で狙いすましたシュートを放つ。しかし、惜しくも左のポストを叩いた。


 そのアーセナルは28分にアクシデント発生。ペア・メルテザッカーが競り合いの際、ガリー・ケーヒルの肘が顔面に入り出血してしまう。32分、シャルケから新加入のセアド・コラシナツと交代した。前半はスコアが動かず、0−0で折り返す。


 後半に入り47分、チェルシーはCKを獲得する。一度はクリアされるもケーヒルが頭でつないで、最後はビクター・モーゼスが蹴り込む。チェルシーが後半立ち上がりに先制した。


 80分、チェルシーはペドロがモハメド・エルネニーに対する危険なタックルで一発退場に。すると82分、アーセナルはこれで得たセットプレーからコラシナツが頭で決めて、1−1の同点とする。


 試合は90分を終えて1−1のまま。決着の行方はABBA方式のPK戦に持ち込まれた。


 チェルシーは2人目のGKクルトワ、3人目のモラタが連続で失敗。一方のアーセナルは4人全員が成功させ、2シーズンぶりにFAコミュニティーシールドを制した。


 17−18シーズンのプレミアリーグは、今月11日に開幕を迎える。アーセナルはホームで日本代表FW岡崎慎司が所属するレスターと対戦。チェルシーはホームにバーンリーを迎える。


【スコア】

アーセナル 1−1(PK:4−1) チェルシー


【得点者】

0−1 47分 ビクター・モーゼス(チェルシー)

1−1 82分 セアド・コラシナツ(アーセナル)

関連記事

おすすめ情報

SOCCER KINGの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索