プレミアの難しさを語るカンテ、新シーズンに向けて「準備できている」

プレミアの難しさを語るカンテ、新シーズンに向けて「準備できている」

 チェルシーに所属フランス代表MFエンゴロ・カンテは、新シーズンが難しいものになると感じている。イギリス紙『メトロ』が6日付で報じた。


 6日に行われたコミュニティシールドでアーセナルにPK戦の末敗れたチェルシー。プレミアリーグを競うライバルであるマンチェスター・Cは、今夏に2億ポンド(約289億円)を移籍市場に投下した。アーセナルもクラブ史上最高金額でフランス代表FWアレクサンドル・ラカゼットを獲得している。


 チェルシーも1億5000万ポンド(約217億円)を使いスペイン代表FWアルバロ・モラタや、フランス代表MFティエムエ・バカヨコ、ドイツ代表DFアントニオ・リュディガーを獲得した。しかしながら、アントニオ・コンテ監督はあと1、2人の新戦力獲得を希望している。


 新戦力については語らなかったが、「今シーズンのプレミアリーグはタフになるだろう。どのチームも強力になっているんだ。来週にはもうシーズンが始まる。僕たちは準備できているよ」と述べたカンテ。難しいシーズンになることを予測した。


 コミュニティシールドの感想を聞かれたカンテは「僕たちはよくプレーしたと思う。先制点を決めた時は勝利に近づいたんだけどね。(スペイン代表FW)ペドロが退場して、アーセナルに同点ゴールを決められてからは難しくなってしまった。最終的にアーセナルが勝ったけど、どちらが勝ってもおかしくないと思っている」と言及した。


 12日に行われるプレミアリーグ開幕戦では、バーンリーをホームに迎えるチェルシー。昨シーズンの覇者は連覇を飾ることができるだろうか。

関連記事

おすすめ情報

SOCCER KINGの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索