俊輔大好きセルティックDFが強烈ロングシュートでスーパーゴール! 

俊輔大好きセルティックDFが強烈ロングシュートでスーパーゴール! 

 8日に行われたスコットランド・リーグカップで驚きのスーパーゴールが飛び出した。


 このゴールが生まれたのはセルティックとキルマーノックの一戦。3−0のリードで迎えた65分、スコットランド代表DFキーラン・ティアニーがセンターサークルの上でボールを受けると、前に2タッチしてボールを運ぶ。すると突然、30メートル以上の距離から左足を思い切り振り抜く。強烈な弾道のシュートがゴール右上に突き刺さり衝撃のスーパーゴールが生まれた。



 このゴールを決めたティアニーは7歳からセルティックに所属するクラブの生え抜き。97年生まれの20歳ながらスコットランド代表として4試合にも出場し、この日はキャプテンを務めた。さらにティアニーには、U−12時代に元セルティックのMF中村俊輔との忘れられない経験がある。『UEFA.com』で行われたインタビューで、「11か12歳のころ、事前に何にも知らされていなかったけど、ナカムラが現れて僕たちと練習をしたんだ。練習後、みんなの前でスパイク脱いで僕のところへ来ると、通訳を介して『君が今日のベストプレーヤーだったよ』と言ってスパイクを渡してくれたんだ。忘れられない1日だよ」と中村との思い出を語った。


 試合は若手主体のセルティックが5−0で勝利。試合後、普段は左サイドバックを主戦場にしているが、この日はセンターバックで大活躍を見せたティアニーをブレンダン・ロジャース監督が絶賛。「またしても彼の才能を見せつけたね。良く守り、強く、速く、アグレッシブで、ボールの扱いにも長けている。大きな才能があるし、それにふさわしいゴールだった。また選手としてとてもプロフェッショナルで、アルコールも飲まないし、キャリアにだけ集中している。全力で練習し、良く休み、体のケアを欠かさず、馬鹿らしいことをすることもない。彼には明るい将来が待っているよ」と手放しで称賛した。

関連記事

おすすめ情報

SOCCER KINGの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索