ユヴェントス、リヴァプールMFジャンに接近…移籍金は約33億円か

ユヴェントス、リヴァプールMFジャンに接近…移籍金は約33億円か

 ユヴェントスがリヴァプールのドイツ代表MFエムレ・ジャンの獲得に迫っているようだ。イギリスメディア『デイリースター』が11日に報じている。


 リヴァプールとの契約が残り1年となっているジャンに対して、同クラブのユルゲン・クロップ監督は契約延長を希望し交渉を進めていたが、未だに合意には至っていない。そんな中、ユヴェントスが獲得を狙っていると噂が現実味を帯びてきている。来夏までに契約延長を行えない場合、リヴァプールはユヴェントスにフリーで同選手を奪われてしまう可能性ができてきた。


 ユヴェントスが今夏提示した金額は2300万ユーロ(約33億円)とみられており、リヴァプールは同選手に2700万ポンド(約38億6000万円)を設定する見込み。今後両クラブ間で交渉が続く模様だ。


 現在23歳のジャンは2014年夏にレヴァークーゼンからリヴァプールに加入。昨シーズンはリーグ戦32試合に出場して5ゴールを挙げるなど、主力の一人としてチームのトップ4入りに貢献した。

関連記事

おすすめ情報

SOCCER KINGの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索