デンベレのバルサ移籍騒動、同僚が苦言「サッカー界にとって致命的」

デンベレのバルサ移籍騒動、同僚が苦言「サッカー界にとって致命的」

 日本代表MF香川真司が所属するドルトムントのドイツ代表MFゴンサロ・カストロが、8月18日付けのドイツ紙『フースバル・ビルト』のインタビューのなかで、フランス代表FWウスマン・デンベレのバルセロナ移籍騒動に言及した。


 カストロは「チームの中でしっかりと対処する。僕らは彼(デンベレ)に対して、『そんなことはしてはいけない』、『チームに損害を与えている』とハッキリ伝えるつもりだよ」と現在の騒動について思っていることを述べた。


「もし、『他のクラブが僕のことを欲しがっているから、練習に参加しない』なんて選手が言い出したら、サッカー界に全体にとって致命的だ。選手が好き放題できるようになるんだから」


「どうなるかまだ分からないけれど、そのうち彼がチームに戻ってくるようなら、彼の方から僕らにしっかりとしたシグナルを送らないといけない。仮にバルサ行きがうまくいかなければ、彼はドルトムントの選手だ。そうなったら、今後どうなるか様子を見ないといけないね」


 さらに、「彼はまだ20歳と若く、全てを自分で決められないことも僕自身の経験から分かっている。でも、ハッキリしているのは、彼は契約を結んでいること。そして、クラブがなによりも重要な存在ということなんだよ」とベテランとして、プロ選手としての心構えも伝えている。


 ギリシャ代表DFソクラティス・パパスタソプーロスもドイツ誌『kicker』に、「たった1人の選手がチームよりも偉大だということはあり得ない。彼はそれを理解しないといけない。選手なら誰でもチームのために働かないといけないんだ。それはウスマンにも言える」とコメントしたばかり。


 19日のヴォルフスブルク戦でブンデスリーガ開幕を迎えるドルトムントは、チームが集中してシーズンに挑めるよう、ベテラン選手たちが明確な態度を示している。

関連記事

おすすめ情報

SOCCER KINGの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索