伊藤達哉がブンデス1部デビュー!酒井はフル出場を果たすも…HSVは3失点で4連敗

伊藤達哉がブンデス1部デビュー!酒井はフル出場を果たすも…HSVは3失点で4連敗

 ブンデスリーガ第6節が25日に行われ、レヴァークーゼンとハンブルガーSVが対戦した。


 ハンブルガーSVの主将を務める酒井高徳は2試合連続でスタメンに名を連ね、柏レイソルの育成組織出身で、現在はハンブルガーSV U−21を主戦場としている伊藤達哉も前節に引き続きベンチ入りを果たしている。


 試合が動いたのは20分、右サイドから上がったクロスをペナルティエリア内で待っていたレオン・ベイリーが頭で落とす。それを中央で受けたケヴィン・フォラントが胸トラップから落ち着いてゴールへ蹴り込み、レヴァークーゼンが先制に成功する。


 リードを奪ったレヴァークーゼンはその直後に、期待の新戦力の活躍で追加点を挙げる。23分、左サイドからの低いクロスにスライディングで合わせたルーカス・アラリオがダイレクトでゴールに流し込み、デビュー戦で初ゴールを記録。新たなエース候補として獲得されたアルゼンチン代表が、いきなりその実力を示す形となった。


 2点を追う82分、ハンブルガーSVはアンドレ・ハーンに代わって伊藤達哉を投入。劣勢に立たされたチームの追い上げを託され、20歳の若武者がブンデスリーガ1部デビューを果たした。


 しかし、試合を動かしたのはまたもレヴァークーゼンだった。83分に途中出場のユリアン・ブラントの縦パスをペナルティエリア内で受けたアラリオがグラウンダーで折り返し、中央に走り込んだフォラントがダイレクトで無人のゴールに流し込んだ。この試合2ゴール目となる得点を挙げたフォラントの活躍で、ホームチームが試合を決定づけた。


 伊藤は87分にドリブルでペナルティエリアに侵入するも、ラストパスが味方に合わずにゴールを演出することはできず。試合はこのまま終了し、0−3の完敗を喫したハンブルガーSVは4連敗。酒井はフル出場し、伊藤も出場機会を得たものの、チームを勝利に導くことはできなかった。


 次節、レヴァークーゼンは30日にアウェイでシャルケと、ハンブルガーSVは10月1日にホームでブレーメンと対戦する。


【スコア】

レヴァークーゼン 3−0 ハンブルガーSV


【得点者】

1−0 20分 ケヴィン・フォラント(レヴァークーゼン)

2−0 23分 ルーカス・アラリオ(レヴァークーゼン)

3−0 83分 ケヴィン・フォラント(レヴァークーゼン)

関連記事

おすすめ情報

SOCCER KINGの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索