【ライターコラムfrom山形】「選手よりも支える方に…」解説者・越智隼人氏が歩む“変わったサッカー人生”

【ライターコラムfrom山形】「選手よりも支える方に…」解説者・越智隼人氏が歩む“変わったサッカー人生”

 セレッソ大阪で2年、モンテディオ山形で2年。4年のプロ生活でわずか7試合の出場記録を残し、22歳で引退した選手の話をしたい。彼の名は越智隼人氏。「スカパー!」で明治安田生命Jリーグの中継が始まった2007年から「DAZN」に引き継がれた今に至るまで、山形のホームゲームの解説を務め続けているから、山形のファンならずともその名前に聞き覚えのある人は少なくないだろう。元選手で解説者というと、よくあるセカンドキャリアのルートのように見えるかもしれないが、彼の場合は引退してすぐに解説の仕事に就いたわけではない。かと言って、指導者や職員としてクラブに残ったわけでもない。それでも、引退から13年目となる今も彼は、出身地でもない山形で「サッカーの仕事」をして生きている。


 1982年に埼玉県上尾市に生まれた越智氏は、小学生からサッカーを始めた。めきめきと上達したレフティは、中学時代には関東選抜チームに選出され、当時の横浜フリューゲルスユースに進む。同期にはMF田中隼磨(松本山雅FC)、FW坂田大輔(アビスパ福岡)らがいた。しかし1年でフリューゲルスが消滅し、合併した横浜F・マリノスユースへ。ちなみにこの時のマリノスユースの1年先輩にMF石川直宏(FC東京)がいた。今季限りでの引退を発表した石川の当時の印象を越智はこう述懐する。


「ナオ君はおしゃれでスマート。かっこいい先輩がいっぱいいた中でも、ちょっと違うオーラがあった。選手としてだけでなく、男としてお手本にしたいと思う人だった」


 越智氏によれば、“奥田民生になりたいボーイ”ならぬ“石川直宏になりたいボーイ”が当時の石川の周りにはたくさんいたらしい。ただ、そんな洗練された先輩の影の努力も越智は目の当たりにしている。ユース時代、同じ時期に大きなケガをしてリハビリをともにした。


「弱音を吐くこともなく黙々とリハビリに取り組む姿をずっと見ていた。ナオ君の、弾けるようにパンッ! と抜け出すしなやかさを支えているのは、あの高校生の時のリハビリなんだって。それを俺は近くで見ていたぜっていう思いはあります」


 懐かしそうに嬉しそうに、そう話す。ケガの癒えた先輩は順当にトップチームに昇格して行き、高3になった越智は「すごく強かった大人のチーム」でクラブユースサッカー選手権(U−18)全国制覇を果たす。快挙を成し遂げたユースメンバーからは総勢7人がトップチームに昇格。しかしその中に越智の名はなく、獲得を希望したC大阪で、2001年に越智のプロ生活がスタートした。だが、その世界に身を置いてすぐに、生き残っていく厳しさを感じたという。


「プロは大変なところだというのは最初から感じた。セレッソに入ったらFW大久保嘉人(FC東京)みたいな選手が同期にいて、持っているモノが違うというのがわかってしまった」


 それでも、ジョアン・カルロス監督の下、1年目のセカンドステージでデビュー。この年J1でフル出場1試合を含む5試合に出場している。だが、監督が交代しJ2に降格した2年目の出場はなく、契約は満了した。行き場を探した越智に声をかけたのが山形だった。しかし、山形での2年間で出場は1年目の2試合のみ。2004年シーズン終了を以って契約が満了すると、越智は次の所属先を探さなかった。22歳の早すぎる引退である。


「自分の限界を自分で決めちゃったのかもしれないけど、Jリーグの中での自分の能力を俯瞰で見たら、早めに、と」。


 今の彼を見れば、この客観性こそが解説や指導に活かされているのだとわかるが、それにしても淡白ではないか。渇望しても届かないことの方が多いプロサッカー選手という職業に、人はもっと執着するものではないのか。そう感じながらも話を聞き進めるうちに、そこにはやはり簡単には説明できない葛藤があったことを知る。


 越智は引退に直面するより前から、自らに対し「プレーヤーとしてよりも、選手を支える側、育てる側としての方が活きるのではないか」という客観評価を与えていた。つまり、現役を離れてもサッカーと関わる仕事に就くことを意識していたということだ。しかし、山形からゼロ円提示を受けると、一旦サッカーから離れる道を選ぶ。しかも山形に残って。故郷の埼玉に帰って仕事を探す選択肢もあったはずだが、小さなプライドが邪魔をした。中学生の頃から将来有望な選手として新聞に載るような子だったから、4年でプロを辞めてどんな顔をして帰っていいかわからなかった。最初にしたことは、山形の知己を頼って酒店に職を求めることだった。店番もすれば配達もする。飲食店の裏口にビールケースを積み、個人の家のドアフォンを鳴らす。「あれ?」と気づかれることもあったが「働かせてもらっているんです」と明るく返した。酒店での仕事は半年ほども続いた。


 そんな越智に、山形のコミュニティFMで番組を持たないかというオファーが舞い込む。元山形選手という肩書きがあったからこその話ではあったが、サッカー番組ではない。週1回、山形県内の様々な情報を紹介する2時間半のラジオ番組をパーソナリティとして1人で回す。県内各地に出かけてのレポートあり、様々な仕事、活動をする人たちへのインタビューあり。文字通りど素人からの出発だったが、2005年からラジオ局が閉局する昨年まで続いたこの経験が、彼の「聞く力」と「発信する力」を磨いたのは間違いない。


 ただ、いくら独り身でもこれだけでは生活していけない。サッカーから離れたいと思いながらも、頼まれたフットサル教室のコーチの仕事を受け、パートタイムで通い始めた。そして2007年、「スカパー!」解説者として再びプロの世界と接点を持つ。さらに2010年には、アルバイトのような立場で関わっていたフットサル教室のオーナーから、フットサルコートとスクールの運営を任される。代表を務めることになった越智は、そこでチームを立ち上げ「自分は育成年代の指導に向いている」という自己評価の正しさを証明していく。今では小・中学生合わせて約200人を擁する町クラブになったS.F.Cジェラーレは、現在湘南でプレーする神谷優太が小学4年から5年当時に所属していたクラブだが、「プロの選手を出すことが優先事項ではない」と明言する。


「自分は途中でサッカーに疲れちゃった時期があるけれど、サッカーは本当に楽しいし、一生できるスポーツ。どんな関わり方でもいいから、ずっとサッカーに関わってくれる人間を育成したいというのが、ジェラーレの一番の方針です」。


 いろいろなことに前向きに取り組んでいける心の持ち様を、サッカーを通して育んでいきたいのだと、35歳になった元Jリーガーは言う。それはまさに、彼自身だ。サッカーに疲れ、サッカーから離れても、視野を広げて前向きにチャレンジしてきた道こそが今の越智隼人につながっている。彼は今、ジェラーレの代表であり、同クラブジュニアユースの監督であると同時に、プロの視点からサッカーを語れる山形では貴重なメディア人である。ゲーム解説はもちろん、クラブ公認の情報誌ではじっくりとした長い選手インタビューも担当。テレビ出演に加えパブリックビューイングやイベントのMCもこなす。引退して13年目になるが、モンテディオのサポーターに「越智さん」を知らない人はいない。


「まだ35歳。ずっと山形にいるとは限らないし、先のことはわからない」とは言うものの、山形の暮らしは気に入っている。癖の強い山形弁も「ヒアリングはパーフェクト」と誇らしげだ。2011年には山形の女性と結婚し、今年生まれた第1子の名前には、山形にちなんだ一文字も入れた。この先、たとえもっと広い世界にキャリアを求めていくことがあるとしても、その軸足を山形から離してしまうことはないだろう。そう断言できるほどに、彼はもう「山形の人」になっている。


文=頼野亜唯子

関連記事

おすすめ情報

SOCCER KINGの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索