野沢拓也、豪州2部移籍決定「より多くの勝利を」…田代有三と“再タッグ”

野沢拓也、豪州2部移籍決定「より多くの勝利を」…田代有三と“再タッグ”

 オーストラリアのウーロンゴン・ウルブスは15日、クラブ公式フェイスブックにて、MF野沢拓也との契約締結を発表した。


 野沢は昨季限りでベガルタ仙台との契約が満了となり、所属クラブがない状態だった。そしてオーストラリア紙『Illawarra Mercury』が8日に報じていた通り、ウーロンゴン・ウルブスへ加入することが決まった。


 ウーロンゴン・ウルブスはナショナル・プレミアリーグ・ニューサウスウェールズ州地区(オーストラリア2部相当)に所属するクラブで、元日本代表FW田代有三もプレーしている。


 同クラブは野沢について「Jリーグで最も成功した人気選手の一人で、5つのJリーグタイトルと2つの天皇杯(制覇)、3回のJリーグカップ(ヤマザキナビスコカップ/現JリーグYBCルヴァンカップ)制覇、さらにスーパーカップを2度、スルガ銀行チャンピオンシップも制している」と実績を紹介している。


 野沢は1981年生まれの36歳。鹿島アントラーズの下部組織出身で、1999年に2種登録選手としてJリーグデビューを果たした。翌2000年にトップチームへ昇格し、2007年からのJ1リーグ3連覇に大きく貢献。2012年にはヴィッセル神戸への移籍を経験した。翌2013年に鹿島へ復帰した後、2014年夏から仙台でプレー。2017シーズンは明治安田生命J1リーグで3試合出場1得点、JリーグYBCルヴァンカップで8試合出場を記録した。キャリア通算では、J1で384試合出場70得点を記録している。


 加入にあたり、野沢は「ウルブスでプレーし、再び田代とプレーするためにウーロンゴンへ来ました。より多くの試合で勝利を収め、より多くの大会を制するためにここに来ています。ウルブスのためにベストを尽くします。成功するシーズンになるはずです」とコメントしている。

関連記事

おすすめ情報

SOCCER KINGの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索