来季もプレミアで戦うブライトン、武藤嘉紀の同僚DFバログンを獲得

来季もプレミアで戦うブライトン、武藤嘉紀の同僚DFバログンを獲得

 ブライトンは22日、マインツからナイジェリア代表DFレオン・バログンを獲得したことを発表した。契約期間は2年間となっている。



 現在29歳のバログンはハノーファーでキャリアをスタート。その後ブレーメン、デュッセルドルフ、ダルムシュタットでのプレーを経て、2015−16シーズンからマインツでプレーしていた。日本代表FW武藤嘉紀とも3シーズンに渡ってチームメイトであった。昨シーズンのブンデスリーガでは14試合出場を記録している。


 ブライトンの指揮を執るクリス・ヒュートン監督は、バログンについて以下のように語っている。


「彼はキャリアのピークと言っても差し支えない年齢の選手だ。彼にはこれまでにブンデスリーガやヨーロッパリーグ、代表の試合で培ってきた多くの経験がある。私は彼がチームにフィットすると確信しているよ」


 ブライトンはプレミアリーグ初挑戦となった2017−18シーズンを15位で終え、来シーズンもプレミアリーグで戦うことが決まっている。

関連記事

おすすめ情報

SOCCER KINGの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索